KAIのしごと

WORKS

東住吉の家

大阪市東住吉区で設計監理をさせて頂いた住宅です。木造 3階建てで、道路側からは2階建てのような外観ですが中は3階建てになっています。
市街地で敷地を有効に利用するため、いっぱいに建物を計画しています。

そのような理由から、一番永く滞在するリビングを2階に設けました。
リビングは吹抜けになっていて、3階と連続させています。

3階は屋根裏のような感じで勾配天井の頂点が部屋の真ん中にくるように設計しました。勾配天井の壁紙は暗い色にすることで、白い壁がより強調されて3角天井の印象をより強くしています。

今回の敷地が東西方向共に比較的視界が開けているいい敷地だったため、それを最大限に利用できるように東西壁に大きな開口を設け、キッチンはアイランドキッチン型としました。
フロートタイプの四角いキッチンがオブジェのように置かれています。

KAIのしごと一覧へ

SOCIAL MEDIA つながり