ブログ

2020年06月17日

桜井市 作業場のある家 完了検査

桜井市で設計していた 作業場のある家 の完了検査がありました。
まだ少しコンセントが付いてない所と床が傷付かないように守るシートもありましたが。。。

 

玄関入って右側に大きな作業スペースがあり、ご主人さんがそこでお仕事をされます。

玄関には大きなクローゼットがあり靴やベビーカーを入れておくこともできます。

リビングは19帖もあり横に4.5帖の和室が併設し、合計23.5帖の大空間になりました。

 

この家は全室の壁にサンゴを原料とした塗壁になっており、吸湿性がよく健康にいい材料を使っています。
見た目は漆喰壁と同じような感じで、やんわりした曲線の塗りむらの模様がとてもいい雰囲気を作ります。
また、僕は「非気密住宅」派で(気密、非気密についてはまた今度)この呼吸をするような絶妙な空気感は本当に心地よいものになっていました。

 

いつもの事ながら、動線や収納にも十分配慮し、キッチンからパントリーを抜け洗面室、浴室へ、また洗面室から廊下玄関へと繋がっています。

 

2階のホールにはホスクリーン(室内物干し)天井に設け、雨の日でも家の中で洗濯物が干せるようになっています。

 


施工 ピュアラホーム
設計、工事監理 KAI一級建築士事務所

ブログ一覧へ

SOCIAL MEDIA つながり